天下分け目の大決戦!

こんばんは^^


北京五輪アジア地区最終予選
前日フィリピンに10-0の7回コールド勝ちした星野JAPANは宿命のライバル韓国
との一戦。ここで負けると事実上韓国が五輪出場を決めてしまうので、絶対に負け
られない試合で先発投手はダルビッシュではなく成瀬(ロ)^^西岡(ロ)二塁、川崎
(ソ)遊撃、青木(ヤ)中堅、新井(広)一塁、阿部(巨)捕手、この日のDHには前日に
死球を受けた井端に代わり村田(横)、稲葉(日)右翼、サブロー(ロ)左翼、森野(中)
三塁が先発メンバー。
試合開始直前に先発を含めた韓国側のスタメンが急遽変更になるハプニングに
星野監督も抗議するも試合開始^^;この大一番に先発を任されたのは成瀬(ロ)^^
1回ウラ一死後、高永民のソロ本塁打を浴びて先制される^^;しかし、2回に先頭の
新井が二塁打を放ち、二死1,3塁からサブローが三遊間を抜ける適時打で同点!
続く森野はニゴロだったが、先ほど本塁打を打った高永民がタイムリーエラー!!
二死から2点を奪って、すぐさま逆転に成功^^そして3回、川崎が中前安打で出塁。
二死2塁から絶好調の慎之助が右前適時打で、3-1に!
しかし、4回ウラ無死1塁から李宅根が左中間を破る適時二塁打で、3-2と1点差!
なお無死二塁のピンチに星野監督もベンチから成瀬にしっかりせい!と気合注入^^
その直後、見事二者連続三振に打ち取り、川上(中)にスイッチして後続を断ち切る^^
5回ウラ、二死1,2塁の一打同点のピンチを迎えるも、内角への渾身のストレートに
手が出ず、見逃し三振^^いやぁ、痺れましたねぇ。
6回ウラ、川崎のエラーで出塁^^;二死1,2塁で、憲伸から岩瀬(中)にスイッチ^^
際どい球を見送り四球で二死満塁のピンチに^^;趙寅成をスライダーで空振り三振、
マウンドで岩瀬が吠えたぁ!!!
どうしても1点が欲しい日本は8回オモテ、慎之助が粘って7球目の低めのカーブを
とらえ見事右中間二塁打!で代走に荒木(中)。次打者の村田に代えて井端(中)!
日本の最強1,2番コンビ^^しっかりと送りバントを決めた後、一死3塁のチャンスで
稲葉が粘った末の10球目を一二塁間を抜けた瞬間、ガッツポーズ!待望の1点が
入り、リードを2点に広げた^^
b0057694_23331582.jpg

















直後の8回ウラ、キャッチャーに矢野(神)・・・ってことは藤川(神)と思いきや、岩瀬
続投^^先頭の金東柱が中前安打で出塁。さらに李大浩が捨て身の死球で出塁。
一死2,3塁から李鍾旭の犠飛で4-3の1点差に詰め寄る^^;趙寅成が三遊間を破る
左前安打を放ち、二死1,3塁のピンチ^^;続く朴勍完を2-2から内角のストレートで
見逃し三振に打ち取ると、岩瀬は渾身のガッツポーズ!!!ベンチの星野監督&
宮本(ヤ)も同時にガッツポーズ!!!
そして最終回、岩瀬に代え守護神上原!1点差という大事な場面で登場の上原は、
いつも通りテンポよく投げ、パーフェクトに抑え、4-3で韓国を下し北京に王手!
b0057694_23333327.jpg




















4時間にわたる大激戦を勝ち得たのは星野JAPANだった^^見ていてコチラも疲れ
ました^^チーム一丸となって気合の入った試合でした。試合後のインタビューでも
星野監督が疲れているのが見て取れましたね。特別解説の古田前監督の「あ゛~」
「いけーっ」「よしっ」とウルサイくらいの一喜一憂で解説どころではなかったです^^;
最高瞬間視聴率43.6%@@やはり、野球は面白いねっ^^







男子バレーボールW杯 十一日目
男子最終戦の相手は、世界ランク1位でアテネ五輪王者のカナリア軍団ブラジル^^;
先発は、宇佐美、山本、松本、ヤマコフ、ゴッツ、こっすぃ、リベロ津曲。
第1セット、今大会1敗のブラジルに対して序盤、山本、こっすぃを軸に攻撃が決まり
互角の試合を進める^^松本、ヤマコフにブロックが飛び出し、ブラジルからリードを
奪い、宇佐美のブロック、さらにゴッツのサービスエースで波に乗り点差を広げる^^
終盤、世界ランク1位の底力を発揮して猛追^^;しかし、最後はサーブミスに助けられ
25-23でブラジルから1セットを奪う^^
b0057694_2347699.jpg

















第2セット、山本、ゴッツ、こっすぃの3枚エースが奮闘!中盤まで互角の戦いを繰り
広げる^^さすが昨年の世界選手権覇者ということもあり、日本をジワジワ引き離す^^;
あきらめずに追いかける日本は、こっすぃのサーブで17-17の同点に!しかし、高い
ブロックを打ち破ることができずに21-25で落とす;;
第3セット、セットカウント1-1に戻し、ついに王者が本領発揮^^;序盤からアンドレの
スパイクやブロックで連続失点を許し、苦しい展開;;松本に代えて富松、宇佐美に
代えて朝長を投入^^その富松がクイックやブロックを決め、追い上げるも本領発揮の
ブラジルが付け入る隙を与えず、19-25で落とす;;
b0057694_23465394.jpg

















第4セット、こっすぃが2本連続のサービスエースを決め、一気に流れを引き寄せて
6連続得点!が、7-2と大量リードした場面で日本のメンバー申請にミス発覚@@
本来メンバー表には、松本が記載されており、実際には富松が出場^^;その選手が
プレーしている状態で得たポイントは無効;;メンバー表はコーチが記載して副審が
確認するのだが、今回は副審の確認ミス。って、おいおい^^;違う選手を起用しちゃ
いけないが、審判団も早く気づけよって感じですね。ルール上、得点は無効となり、
日本の得点は、7点から0点へ;;さらに攻撃権の移動でブラジルに1点が加わって
5点リードだったのに、0-3から試合再開@@このアクシデントに選手も動揺しまくり
で気持ちを切り替えることができず、ブラジルにリードを許す^^;それでも必死に食い
下がる日本に圧倒され、ブラジルがミス連発;;こっすぃのサービスエース、さらに
富松、ゴッツのブロックで18-22まで追い上げたが、18-25で落とし8敗目;;
b0057694_234730100.jpg
















あの7点があったら、25-22で取っていたかも^^;通算3勝8敗として9位という結果
に終わった。11位の韓国を上回ったものの、8位にオーストラリア^^;来年の最終
予選ではオーストラリアが最大のライバルになりそうですね^^;短期間ではあるが、
修正すべきところを修正して、厳しいだろうが最終予選で五輪出場を目指して欲しい
ですね^^
[PR]
by saemon-no-suke | 2007-12-02 23:25 | スポーツ(野球)


<< 北京五輪出場決定! 見逃さず・・・ >>