カテゴリ:スポーツ(バレーボール)( 141 )

2連勝!

b0057694_231753.jpg



2012 ロンドン五輪世界最終予選兼アジア大陸予選大会
[World Olympic Qualification Tournament] 第2日


【第2戦】 ×台湾(世界RK28位)
06年にジュニア監督に日本人が就任。09年にはその監督がジュニア世代とともに
シニア監督に就任。アジア選手権でも5位と大健闘^^ペルー同様に堅い守備からの
コンビバレーが持ち味で、これまた日本と同じバレースタイル^^;
山口、岩坂、キム、江畑、荒木、竹下、リベロ佐野がスタメン^^



[第1セット]
昨日に続いて格下相手に互角の戦い^^;さすが日本人監督だけあって、レシーブで
粘りを見せ、なかなか点差を広げることができず;;しかし、キムの一番奥のサイドを
狙ったサービスエースで11-9とすると、徐々にペースをつかむ^^終盤にはサーブ、
スパイクが決まらない岩坂に替えて今大会初めて平井を投入^^交代直後にラリー
から落ち着いてスパイクを決めて代表初得点!その後、山口、キムの攻撃で追加点
をあげて25-16でセット先取^^
b0057694_2320099.jpg















[第2セット]
第1セット終盤から入った平井をスタートから起用^^ブロックポイントなしの第1セット
だったが、第2セットでこの日初ブロックポイントをあげたのは竹下@@おいおい^^;
中盤に山口、竹下に替えて中道、狩野の2枚替え。その後は荒木のブロックや江畑
のサービスエースを決めリードを広げ、最後はキムのスパイク、狩野のフェイントなど
で6連続ポイントをあげて、25-13と大差をつけてセット連取^^
b0057694_23231689.jpg



















[第3セット]
山口に替えて昨年ブレイクした新鍋を今大会初投入^^これで今大会登録メンバー
全員出場。さらには江畑に替えて迫田投入^^中盤には新鍋と竹下に替えて中道、
狩野の2枚替え^^新鍋、迫田、狩野らが効果的に追加点をあげる。最後はエース
キムがスパイクを決めて、25-14と台湾にストレート勝ち^^
b0057694_23251285.jpg
















序盤、台湾にリードを許し苦しんだが、要所でキムが決めてくれて一安心^^2セット
目からブロックが決まりだしてリズムをつかむと、そこからは完全に日本ペース^^
途中出場の新鍋、迫田らが効果的に得点をあげて圧倒しましたね^^昨日決定率が
低かったキムもこの日は53.13%!竹下が2セット目にこの日チーム初ブロックって
のが疑問だけど、荒木が2セット目にブロック炸裂!サービスエースも8本とようやく
エンジンがかかってきた感じですが、まだまだですね。これでは、全勝優勝は・・・^^;
明後日からセルビアにストレート勝ちを収めたタイ、初戦でキューバをストレートで
下した永遠のライバル韓国とアジア勢との直接対決が続く・・・。
この日も、キムがスパイク17点、ブロック1点、サーブ3点でチームトップの21得点!
b0057694_23322547.jpg





















1位日本(2勝0敗)6点 得点率1.579、2位ロシア(2勝0敗)6点 得点率1.304、
3位キューバ(1勝1敗)3点 得点率1.054、
4位セルビア(1勝1敗)3点 得点率1.048、5位韓国(1勝1敗)3点 得点率1.000、
6位タイ(1勝1敗)3点 得点率0.977、7位ペルー(0勝2敗)0点 得点率0.713、
8位台湾(0勝2敗)0点 得点率0.62
[PR]
by saemon-no-suke | 2012-05-20 23:15 | スポーツ(バレーボール)

OQT

b0057694_22525477.jpg



2012 ロンドン五輪世界最終予選兼アジア大陸予選大会
[World Olympic Qualification Tournament] 第1日


いよいよ、ロンドンオリンピック出場に向けて最終予選が始まりました。
女子大会には、FIVBランク3位の日本にFIVBランク10位で北中米枠のキューバ、
FIVBランク13位で永遠のライバル国でもあるアジア予選枠の韓国、FIVBランク
17位で南米枠ペルー、FIVBランク7位で今大会最大の難敵であろう欧州枠ロシア、
FIVBランク6位が幸いして最終予選出場となった欧州枠セルビア、FIVBランク
12位で近年当確を現してきたアジア枠タイ、FIVBランク28位でアジア枠チャイ
ニーズ・タイペイの8チームが出場。今大会の1~3位までと、それを除くアジア
最上位の4チームが五輪出場決定!!全勝優勝を狙っている日本が万が一、3位
までに入れなくても間違いなくアジア最上位にはなると思うけどねぇ^^

開催前日に注目の登録メンバーが発表。アテネ、北京代表のメグが落選した@@
右膝前十字靭帯を痛めていた大友、右肩負傷の井上も落選;;
セッター中道(2)、竹下(3)、リベロ佐野(6)と不動の159cmトリオ~!!
WSには安定度No.1の山口(7)、世界が恐れるエースのキム(12)、昨年W杯で
ブレイクした新鍋(13)、日本の2枚エースの一角に成長した江畑(14)、両足の
アキレス腱断裂から復帰した狩野舞子(15)、ジャンプ力はチームNo.1の迫田
(16)、MBには新鍋と同様に昨年ブレイクした岩坂(10)、日本のキャプテン
荒木(11)、今大会代表初召集となった平井香菜子(17)の12名。




【第1戦】 ×ペルー(世界RK17位)
1960年代に日本人が監督に就任、南米王者に成長。日本のお家芸でもある拾って
粘るバレーを展開。今回の南米大陸予選決勝でブラジルに負けたものの2位と侮れ
ない^^;ベテランのM.ウリベ、新鋭オルティスを中心とした攻撃陣で、3大会
ぶりの五輪出場を目指す。まぁ、こんなところで負けてたら五輪に行けないけどね^^
山口、岩坂、キム、江畑、荒木、竹下、リベロ佐野がスタメン^^




[第1セット]
やはり、最終予選ということもあり最初はみんな動きが硬い硬い^^;ペルーに先行を
許すなか日本最初の得点は昨年ブレイクした岩坂^^その後、ペルーのミスにも助け
られて盛り返し逆転するも、今ひとつ流れに乗れない^^;そんななか、世界のエース
キムが立て続けに1枚ブロックを決めると、流れは一気に日本へ傾き連続得点を重ね
ペルーを突き放す^^さすがキム!!終盤には真鍋監督十八番の2枚替え^^竹下、
江畑に替えて起用の中道、迫田のサービスエースで追加点^^最後は狩野舞子が
コンビネーションスパイク決めて、25-13と大差をつけてセット先取^^
b0057694_22595768.jpg















[第2セット]
開始から竹下のサーブで崩し、岩坂、キムのブロックなど6連続得点で6-0と大きく
リードするも、日本のお株を奪うようなブロード攻撃を中心にリズムをつかむと、
ペルー反撃開始^^;ミスも重なり、23-21と追い上げられ初めてのタイムアウト。
その後はキムと江畑の2枚エースがしっかりとスパイクを決めて、25-21でセット連取^^
b0057694_2345764.jpg

















[第3セット]
このセットも今いちパッとせず、序盤は一進一退の攻防^^;サーブレシーブの乱れから
キム、江畑の2枚エースの決定率が、なかなか上がらず^^;そこから岩坂、きむ、荒木
がスパイクを決めてペルーを突き放し、25-18でストレート勝ち!
b0057694_238670.jpg

















第1セットはなんとか大差で獲ったものの、第2セットからサイド攻撃に変えられてから
ペルーが追い上げ、おまけにサーブレシーブの乱れもあり、格下相手とは言え苦戦
し過ぎ?!相手のミスにも助けられた部分も・・・^^;キムがサーブで狙われ決定率も
26.67%、江畑も要所で決めてるも35.71%と2枚エースの決定率が・・・そんななか
山口が52.94%と抜群の安定感^^昨年ブレイクした岩坂は自信をつけましたね^^
試合でもブロックを3本決め、コート内でも堂々としてました^^初戦勝てたのは大きい
でしょうね^^明日からは落とせないアジア勢3連戦が続く!
この日、キムがスパイク8点、ブロック3点でチームトップの11得点!
b0057694_23105354.jpg



















1位セルビア、ロシア、韓国、日本(1勝0敗)3点、
5位台湾、タイ、キューバ、ペルー(0勝1敗)0点。
[PR]
by saemon-no-suke | 2012-05-19 23:52 | スポーツ(バレーボール)

大金星!

b0057694_1042699.jpg



2011 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第8日


【第3ラウンド[札幌]第8戦】 ×ブラジル(世界RK1位)
前日韓国にストレート勝ちの快勝!!全体の5位と微妙な位置も、五輪出場を決める
ためには、もう負けられない状態。しかも、今日のブラジル戦に始まり、今大会上位の
ドイツ、最終戦のアメリカと強豪揃い^^;
世界No.1アタッカーのシェイラを筆頭にパウラ、タイーザの強力攻撃陣をどう止めるか?
今大会のブラジルは世界ランク1位ながらも、ここまでギリギリの試合の連続で日本に
勝機も^^しかし、昨年2セット先取しながら逆転で負けた経験があり、油断禁物。
江畑、山口、岩坂、荒木、竹下、きむ、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
キムのサーブミスから試合が始まる^^;粘り強いレシーブから、キムのバックアタック、
絶好調の江畑のスパイクで得点、今大会不調のマリに狙いを定めたサーブで今大会
急成長した岩坂や江畑がサービスエースを決め、3点リードでテクニカルタイムアウト
を迎える^^
中盤、ブラジルのブロックに捕まり連続失点;;ファビアナのサーブで連続得点をあげて
ジワジワ日本を追い上げ、逆転;;パウラのサービスエースを奪ってブラジル優勢に^^;
ここまでか!と思った23-24のセットポイントで


ポ~ン・・・


ポーンと跳ねたボールはコート奥にポトリ・・・出ましたぁ~^^竹下のブロックポイント!
竹下の起死回生のブロックで息を吹き返した日本は、キムがスパイクを決め再逆転
すると連続で決めて、26-24で日本がブラジル相手に1セット先取!
b0057694_23481170.jpg















[第2セット]
第1セット同様に序盤は一進一退の攻防だったが、4連続失点を喫し6-8でテクニカル
タイムアウトを迎える^^;そこからタイーザの速攻を荒木がブロック!岩坂がサーブに
レシーブに大奮闘しリード。パウラの攻撃を荒木、途中交代の石田がシャットアウト!
21-17と終盤で逆転すると、焦りのみえるブラジルを寄せつけず、25-19でセット
連取。竹下のアンダーでの背後へのトスは芸術品^^それを決めるキムも凄いけどね^^


[第3セット]
このセットでも勢いが止まらない日本^^昨年、同じように2セット連取しておきながら
大逆転で星を落としている日本としては、何としてでも勝ちたいところ。
3-4からキムのスパイク、江畑のバックアタックで4連続得点を挙げてリードを奪う^^
焦りからか?ブラジルが2本連続でサーブミス、スパイクが合わないなどミスを連発。
江畑、キムのスパイクで16-13とリードを保つ^^終盤に入っても流れは変わらず、
21-18から荒木がブロック、ダイレクトスパイクで連続得点すると、ブラジルも驚異的
な粘りで追い上げたが、キムのスパイクでマッチポイントを奪うと、最後もキムが決め
25-23とブラジルにストレート勝ちぃ!!!
b0057694_23473351.jpg















b0057694_2332733.jpg
















まぁ、それにしても佐野を筆頭に竹下、岩坂、江畑、キムとレシーブ取りまくりですね^^
荒木もようやく本領発揮といったところでしょうか^^でも、私的にはまだまだですっw
昨年ブラジルを苦しめた山口のサーブレシーブが、少し気がかりなところですが・・・。
キムも右手でスパイクが打てないと分かれば、直ぐに左手で打つなど天才的な動き
も見られ、この日スパイク18点、ブロック2点でチームトップの20得点!
五輪出場に首の皮が繋がった日本は第4ラウンドでケニア、ドイツ、アメリカとの対戦。
次の勝負は現在4位のドイツ戦でしょうね。ここに勝たなきゃ、今日の勝ちの意味が
ないですからね。
b0057694_23494663.jpg
















1位 イタリア(8勝0敗)23点、2位 アメリカ(7勝1敗)21点、3位 中国(6勝2敗)19点、
4位 ドイツ(6勝2敗)18点、5位 日本(5勝3敗)16点、6位 ブラジル(5勝3敗)12点。
[PR]
by saemon-no-suke | 2011-11-14 23:26 | スポーツ(バレーボール)

エヴァ!

b0057694_9543754.jpg



2011 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第7日



【第3ラウンド[札幌]第7戦】 ×韓国(世界RK13位)

前日のセルビア戦で3敗目を喫した日本^^;世界RK1位のブラジルがイタリア戦で
2敗目を喫するなど混戦模様。そんな日本は、最近では得意相手としている永遠の
ライバル韓国との一戦。1勝5敗と苦戦続きの中、イタリア戦ではキム・ヨンギョンを
温存して日本戦に賭けるという力の入れ様^^;
韓国も拾って拾い捲るプーレースタイル。100年に1人の逸材とも言われているキム・
ヨンギョン。192cmの長身からのスパイクが韓国の得点源。そんなキムはV・プレミア
リーグのJTで2年間プレー。天才アタッカーキムVS100年に1人の逸材キム対決!
キム、竹下、荒木、岩坂、新鍋、江畑、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
開始早々にキム・セヨンのクイックを荒木が止め、幸先の良いスタートを切るも韓国
も譲らずサイドアウトの応酬^^;韓国はフェイントで揺さぶり、キムのバックアタックを
キム・セヨンに止められ、7-8で最初のテクニカルタイムアウトを迎える。しかし、荒木
のサービスエースをきっかけに連続得点を奪うと、徐々に日本ペースに^^キムの
サービスエースにバックアタック、2枚替えで投入の中道がサービスエースを決める
など5連続得点で突き放す。韓国もファン・ヨンジュ、キム・セヨンの連続ブロックで
追い上げたが、キムのスパイクでセットポイントを奪い、最後は江畑のバックアタック
で25-21とセット先取^^
b0057694_101172.jpg
















[第2セット]
2セット目に入っても好調な日本は、荒木、キムらが得点を重ね、6-5と1点リードした
ところから江畑がコート奥を狙ったスパイクや新鍋のサービスエースで6連続得点を
挙げて12-5と一気に抜け出す^^中盤から積極的な交代で応戦する韓国だったが、
キムが身体は完全にストレートの方向を向きながらも、鋭角に決めてしまう芸術的な
スパイクが決まり、流れを引き寄せる。キム・ヨンギョンの高い打点からのスパイクで
得点されるも、キムが踏ん張り、最後は岩坂名奈がブロックで抑え、25-18でセット
連取^^


[第3セット]
波に乗った日本は、江畑のバックアタック、岩坂、新鍋のブロックとたたみかけ得点を
奪うも、キム・ヨンギョンの緩急をつけたサーブやバックアタックで韓国も4連続得点で
粘る。すぐさま荒木の速攻などで連続得点を返し、9-6と再び逆転^^日本はここまで
絶好調の江畑がスパイクミス;;15-16で2回目のテクニカルタイムアウトを迎える^^;
日本は途中出場の山口の移動攻撃で連続得点。その後、荒木がキム・ヨンギョン、
キムがファン・ヨンジュを連続シャットアウト!!最後は山口がライトからのスパイクを
決めて25-17と韓国にストレート勝ちぃ^^
b0057694_9594528.jpg
















やはり、今の韓国との差は大きいね。バックアタックを決める江畑の調子がいいね^^
メグ不在、舞子離脱で江畑にかかる比重は増したけど、きっちり穴を埋められてるね。
そんな江畑はこの日、ブロックやサーブでの得点はないもののスパイクだけでチーム
トップの18得点^^明日のブラジル戦が最難関でしょうね。昨年はセット連取をしたけど、
大逆転負けという屈辱を味わってるだけに是非頑張ってもらいたいですね。万が一、
ブラジルに勝てば望みは繋がるかも・・・。
b0057694_9581586.jpg















1位 イタリア(7勝0敗)20点、2位 アメリカ(6勝1敗)18点、3位 中国(5勝2敗)16点、
4位 ドイツ(5勝2敗)15点、5位 ブラジル(5勝2敗)13点、6位 日本(4勝3敗)13点。
[PR]
by saemon-no-suke | 2011-11-13 23:51 | スポーツ(バレーボール)

五輪遠のく・・・;;

b0057694_107994.jpg



2011 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第6日


【第3ラウンド[札幌]第6戦】 ×セルビア(世界RK5位)
06の世界選手権で銅メダルを獲得後、躍進を続けるセルビアとの一戦。08年北京
五輪で5位入賞、11年欧州選手権優勝と堂々と強豪国の仲間入り^^前大会では、
3-1と勝ち、今年のWGP予選Rで3-1で勝ち、決勝Rで0-3と、ほぼ互角?!5戦
終了時で2敗している日本は6位と何とか勝って上位陣に喰らいついていきたい所^^
新鍋、岩坂、キム、江畑、荒木、竹下、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
サーブで崩していきたい日本。リベロ佐野の連続好レシーブもあり、3-1と幸先の
良いスタート^^しかし、欧州王者も牙をむき始め、高さを活かす攻撃に苦しめられる
展開^^;昨日に続いて、187cmとチームトップの高さを誇る”イチハチナナ”こと岩坂
の速攻やブロックなど一進一退の攻防が続く。リードを許す苦しい展開も、キムの
連続スパイクや荒木のブロックなどで喰らいつくも、ラシッチの変幻自在のサーブに
連続失点を許し、セルビアが抜け出す。江畑に代わって入った石田のスパイクで
追い上げたが、22-25でセットを落とす;;
b0057694_10212421.jpg

















[第2セット]
日本は江畑に代えて石田、新鍋に代えて山口を投入。その石田のスパイクや、山口
のブロード、コンビネーションなどで得点を重ね、流れを引き寄せつけたかに見えたが、
ビエリカが次々と得点を重ね、5-12・・・1セット同様にセンター攻撃が止められず^^;
止めれない攻めれないで調子が上がらない荒木に代えてベテランの森和代を投入^^
直後に移動攻撃で得点するも、点差縮まらず^^;終盤、石田のブロックで追い上げた
が、20-25と連続でセットを落とす;;
b0057694_1026593.jpg















[第3セット]
後がなくなった日本は江畑を戻し、森和代、山口をスタートから起用。開始から一進
一退の攻防でサイドアウトの応酬のなか岩坂がビエリカを止めたぁー!8-7と、この
試合初めて日本がリードしてのテクカルタイムアウトを迎える^^ようやく流れを掴んだ
日本は、その後も岩坂のサービスエースやキムのバックアタックなどで突き放しに
かかるも、そうはさせじと欧州王者。得意のセンター攻撃、ブロックなどで逆転すると
そのまま押し切られ、21-25のストレート負け;;
b0057694_1021447.jpg















痛恨の敗戦により3敗目を喫し、五輪出場枠獲得が、だいぶ遠のきましたね。あぅ^^;
こうセンター攻撃をことごとく決められると辛い^^;1本でも止められれば、使いづらく
なるんだろうけど・・・井上のブロック、山本の高速移動攻撃が必要になってきますね。
早く戻ってこ~い^^岩坂は調子いいけど荒木がなぁ・・・;;
キムは徐々に調子を上げてきた感じかな^^とにもかくにも今やキムありきのチーム
になりましたからね。ここにエヴァたちが世界に通用してくれば、楽にもなりますしね^^
この日もキムが、スパイク13点、ブロック1点でチームトップの13得点!

1位 イタリア(6勝0敗)17点、2位 アメリカ(5勝1敗)15点、
3位 ドイツ(5勝1敗)14点、4位 ブラジル(5勝1敗)13点、
5位 中国(4勝2敗)13点、6位セルビア(3勝3敗)11点、7位 日本(3勝3敗)10点。
[PR]
by saemon-no-suke | 2011-11-12 22:06 | スポーツ(バレーボール)

187・・・

b0057694_10331139.jpg



2011 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第5日

【第2ラウンド[広島]第5戦】 ×ドミニカ共和国(世界RK14位)

09年にWGPで銅メダルを獲得、北中米選手権のディフェンディングチャンピオンとして
臨んだ11年の北中米選手権では、今夏WGPで優勝した米国に負けたものの準優勝。
エースのデラクルスやエベ、ロンドンなど日本でプレーする選手が多く、油断は禁物^^
新鍋、岩坂、キム、江畑、荒木、竹下、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
序盤は新鍋、キム、江畑と立て続けにブロックにつかまり苦しい展開^^;岩坂、江畑
の攻撃で何とか喰らいつき、キムの好レシーブから岩坂が、フェイントを交ぜた攻撃の
江畑が、荒木の速攻、キムのバックアタックなど得点を重ね6連続得点で中盤に逆転^^
その後も江畑がスパイク、ブロックで引き離し、最後はキムのバックアタックで25-20
と逆転で1セット先取^^
b0057694_10345519.jpg















[第2セット]
1セット目と同じく、強烈なジャンプサーブやブロックに苦しめられ、追う展開^^中盤に
竹下のブロックから流れを引き寄せ、岩坂の速攻や荒木のブロックなどで反撃開始!
キムの連続得点で、ようやく逆転^^終盤には岩坂が連続ブロックポイント!最後は
2枚替えで入った中道のサーブで崩し、25-19で2セット連取^^
b0057694_10352724.jpg















[第3セット]
このセットもドミニカに先行を許すが、キムのスパイクで7-5と逆転^^竹下のライン際
ギリギリを狙ったサーブが立て続けにエースを奪い、6連続得点で一気に引き離す^^
終盤に中道とともに2枚替えで投入した山口がブロック、スパイクで連続得点を挙げ、
岩坂のブロックでマッチポイントを奪うと、最後はキムのスパイクが決まり、25-16と
ストレート勝ちを決めた^^
b0057694_1034219.jpg















破壊力も凄いが、ミスで連続失点などモロい部分もあるドミニカ。デラクルスを15点
で抑えられたのも勝因かな^^いやぁ、エヴァいいねぇ^^前日、迫田の頑張りを見て
自分もと思ったようで、2セット目の前半は、相手が対応してきてブロックされたから
後半は打ち方を変えたっていうんだから、凄い対応力がついたね。エヴァはこの日、
スパイク15点、ブロック1点でチームトップの16得点!
私が大会前から注目している187cmと日本のスカイツリー、”イチハチナナ”こと
岩坂名奈が化けつつありますね^^
今までピンチサーバーやワンポイントブロッカーとして使われていたが、山本の怪我
により急遽スタメンに大抜擢^^ここまで世界を止めるとはっ!!この日もブロックで
4点、サーブで3点^^ここまで通算14得点と3位にランキングしてるんですよぉ!?
今大会急成長ですね^^後は速攻や移動攻撃が決まるようになれば、井上、山本、
荒木らMB陣もうかうかしてられないですね。それに引き換えブロックや移動攻撃は
決めるものの荒木が気になる・・・。
b0057694_10315913.jpg















1位 イタリア(6勝0敗)17点、2位 アメリカ(5勝1敗)15点、
3位 ドイツ(5勝1敗)14点、4位 ブラジル(5勝1敗)13点、
5位 中国(4勝2敗)13点、6位セルビア(3勝3敗)11点、7位 日本(3勝3敗)10点。
[PR]
by saemon-no-suke | 2011-11-10 22:29 | スポーツ(バレーボール)

主力温存^^

b0057694_10464557.jpg



2011 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第4日

【第2ラウンド[広島]第4戦】 ×アルジェリア(世界RK17位)

08年北京五輪が主要世界大会に初出場を果たし、10年には世界選手権にも出場
しているアフリカの新鋭^^格下ということで、主力温存。
狩野、岩坂、キム、迫田、荒木、竹下、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
狩野舞子と迫田さおりが今大会初先発^^その狩野のスパイクで日本先制!キムや
迫田のサービスエースやバックアタックで連続得点を決め、序盤からアルジェリアを
圧倒。佐野の好レシーブ、岩坂にもブロックが飛び出し、25-8の大差でセット先取^^
b0057694_10501399.jpg















[第2セット]
迫田のバックアタック、岩坂のサービスエースなどで、このセットも8-2と大量リード^^
キムに代わり石田を投入^^交代早々にスパイクを決め、さらに得点を重ねて20-9と
リードを広げると、今度は竹下に代えて中道投入^^迫田、石田、岩坂と異なる攻撃
を仕掛け、最後は迫田のバックアタックで決め、25-10でセット連取^^
b0057694_10503362.jpg

















[第3セット]
このセットは石田、中道に加え、荒木に代えて森和代をスタートから今大会初登場^^
その森がスパイク、ブロックなどでリードを奪う展開に。迫田の強打に森の技ありの
タッチアウト、さらに狩野の連続サービスエースなどで、15-6をリードを広げたところ
から、サーブレシーブの乱れから連続失点;;途中出場の座安がレシーブで流れを
引き寄せ、石田のバックアタックで悪い流れを断ち切り、最後は迫田のサーブから
ミスを誘って、25-17で余裕のストレート勝ちを決めた^^
b0057694_10494434.jpg



















控え中心メンバーで主力温存、やはり楽な試合でしたね^^昨年ブレイクした迫田の
バックアタックは若いだけに勢いがあるねぇ^^こういう迫田や石田らのスパイクが
強豪国相手でも通用するようになれば、言うことなしなんだけどね。この日、迫田が
スパイク19点、サーブ2点でチームトップの21点!
b0057694_1047352.jpg















1位 アメリカ(4勝0敗)12点、2位 イタリア(4勝0敗)11点、
3位 中国(3勝1敗)9点、4位 ドイツ(3勝1敗)8点、5位 ブラジル(3勝1敗)8点、
6位 セルビア(2勝2敗)7点、7位 日本(2勝2敗)7点
[PR]
by saemon-no-suke | 2011-11-09 22:37 | スポーツ(バレーボール)

やったー!!

b0057694_2359125.jpg2010 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第11日


【決勝ラウンド・3位決定戦】 ×アメリカ(世界RK2位)
前日ブラジルに惜敗し、3位決定戦にまわった日本は強豪アメリカとの一戦。北京五輪
では、銀メダルに終わり、W杯、世界選手権を含めても金メダルの獲得はなし^^;戦前
の予想では、8月のWGPで全勝優勝を果たし、優勝候補筆頭に挙げられていた米国が、
準決勝でロシアに敗れた^^;最高到達点338cmの新鋭アタッカーのフーカー、8月の
WGPのMVPでサングラスがトレードマークのアキンラデウォを中心にさらにベテランの
トム・ローガンらのベテラン勢と若手が融合し、高さとパワーを兼ね備えたチーム^^
ロシアより、やりやすい相手ではないかと・・・勝てば銅メダル^^32年ぶりのメダルまで
@ひとつ!!がんばれ、NIPPON!!
井上、キム、竹下、山口、江畑、山本、リベロ佐野がスタメン^^

[第1セット]
井上のブロックから試合は始まる^^しかし、フーカー、ラーソンらの豪打に苦しめられ
ながらも、11-13と粘る。スパイクミス、ラーソンのスパイク、フーカーのブロックなどで
ズルズルと5連続失点;;その後、キムが日本のエースらしく踏ん張ったが、トムの
強打、フーカーの高いスパイクを決められ、18-25とセットを落とす;;
b0057694_22112211.jpg
















[第2セット]
立ち上がりからミス連発で0-4とされるも、キムの強打などで日本も追いすがる^^;
8-11から調子の上がらない江畑に代わり途中出場の石田を投入!!石田のバック
アタックが炸裂、好レシーブなどで応戦^^11-13から竹下のサービスエースなどで
逆転に成功^^その後も石田が大暴れで試合を優位に進めると、最後も石田がレフト
からスパイクを決めて、25-23と1セット奪取!
b0057694_22171277.jpg
















[第3セット]
一進一退の展開で中盤まで接戦が続くが抜け出したのはアメリカ^^;2セット目途中
からアキンラデウォに代わった主将タマスが強烈スパイクを決め、終盤にはフーカー
のバックアタック、レフトからのスパイクで引き離され、21-25とセットを落とす;;

[第4セット]
後がなくなった日本は、このセットから先発した荒木が奮闘^^移動攻撃、速攻と多彩
な攻撃で終始余裕の試合運び^^アメリカも二枚替えなどで流れを変えようとするが、
佐野の好レシーブからキムの技ありのスパイクで23-14^^ここから、ベテランの
トムに打ち込まれ、米国も5連続得点と執念の追い上げを見せるが、キムが決めて
セットポイントを奪うと、最後はバーグがトスミス@@25-19でフルセットに持ち込む^^
b0057694_2221506.jpg
















[第5セット]
押せ押せムードの日本は、キムにボールを集め出し、キムもそれに応えるかのように
スパイクを決めてポイント稼ぎ^^対するアメリカのフーカーはスパイクミス^^;石田や
山本も繋がれたボールを打ち込み、荒木、山本の移動攻撃も効果的に決まり3点差
を保ちながら終盤へ^^ここから、キム!キム!!キム!!!
佐野、竹下を中心にみんなで拾い続け、キムの活躍で、4連続得点を挙げて14-8と、
ついにマッチポイントぉ~!!メダルまで@1点^^佐野が上げた二段トスからキムが
相手ブロッカーの手を弾く技ありスパイクでブロックアウト・・・
b0057694_22291436.jpg

















銅メダル!!



b0057694_22301167.jpg
















15-8と逆転で、32年ぶりにメダル獲得しましたぁ^^まぁ、よくも勝ってくれましたね^^
まさか銅メダルを獲るとは・・・私の戦前の予想は、いいとこ5位でしたから。
見ている方は、ヒヤヒヤもんでしたけど・・・。なかでも石田の投入は良かったですね^^
効果的なスパイクを決めてくれて、チーム2位の得点!!前日のブラジル戦のように
単調な攻撃ではなく、ブロードやバックアタックなど織り交ぜた3Dバレー^^レシーブも
佐野、竹下、さらにキムや石田まで、みんなで拾いまくって繋ぐ日本バレーが世界に
通用しましたね^^
キムがスパイク26本、ブロック1本、サーブ1本と28得点で、エースらしい活躍っぷり
は、お見事でした^^フーカーが52本、決勝でエース対決と称されたロシアのガモワが
53本、ブラジルのシェイラが46本のスパイクを放ったのに対し、キムは63本!その
うえキムは、他の3選手と違って、サーブレシーブもチーム最多の40本も受けながら
でのこの数字はホント驚異的です@@
b0057694_22345313.jpg
















今大会、キムに頼りすぎな部分もあったが、これが少しでも改善されれば、金メダル
も見えてくるはず。山本の代表復帰は大きかったですね^^欲を言えば、以前の様に
バックアタックが打てれば凄いですけどね^^井上はブロッカーとして、今では日本に
欠かせない存在となりました^^欠かせないと言えば、佐野、竹下のチビッ子コンビ^^
今大会も幾度とこの二人に助けられたでしょうか?粗削りな江畑や迫田の若手成長、
メグの完全復活、海外移籍した狩野舞子の代表復帰など、これからの全日本にも
大いに期待できますね^^来年のW杯、さらにロンドン五輪が楽しみになりました。
b0057694_2312266.jpg















b0057694_231462.jpg















b0057694_2315551.jpg















b0057694_2341318.jpg
















決勝のロシア×ブラジル戦、ガモワ、シェイラの両エース対決は、25-16、13-25、
25-19、25-21と3-1で2、大会連続でロシアが金メダル獲得^^得点ランキングで
3位に入ったガモワがMVP^^
b0057694_224142.jpg
















得点ランキングはキムがスパイク208点、ブロック13点、サーブ19点の240得点で
2位!251得点のネスリハン(トルコ)が、2大会連続の1位!ベストブロッカーでは、
井上が35本でセット平均0.80本の5位!ベストサーバーでは、キムが19本のセット
平均0.43で4位!ベストディガーでは、佐野が156ディグでセット平均3.55で2位!
ベストセッターでは、竹下が2位!ベストリベロでは、佐野が2位!
[PR]
by saemon-no-suke | 2010-11-15 22:04 | スポーツ(バレーボール)

悔しーっ!!

b0057694_2359125.jpg2010 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第10日


【決勝ラウンド・準決勝】 ×ブラジル(世界RK1位)
Eプール2位の日本は、前大会銀メダルの世界ランク1位のブラジルとの一戦。90年
以降世界三大大会で銀5個、銅3個と金には恵まれなかったが、北京五輪で念願の
金メダルを獲得したブラジル。ブロックとレシーブの連携にも優れており、緻密なバレー
を展開^^;攻撃の中心は、世界一のバックアタックを繰り出すシェイラ、今年のWGPの
ベストスパイカーのジャケリネら美人ストライカーお二人^^日本は今年のWGPで勝利
しているだけに期待できる相手^^32年ぶりのメダルに向けて頑張れ!NIPPON!!
江畑、山口、井上、山本、竹下、キム、リベロ佐野がスタメン^^





[第1セット]
日本のサーブ、レシーブが良く、キム、山本、江畑らの多彩な攻撃でブラジルに喰らい
つく一進一退の試合展開^^ナタリアやジャケリネの強烈なスパイクを竹下、佐野らが
拾いまくり、エースのキムにボールを集めて連続ポイントを奪いブラジルを捕らえる^^
19-19から日本も粘りに粘って山本、キムが左右から攻撃を仕掛けて22-20とリード!
セットポイントからブラジルが痛恨のミスで、25-22と1セット先取!
b0057694_21445962.jpg

















b0057694_21415425.jpg
















[第2セット]
このセットも粘りのバレーでブラジルに喰らいつく^^3点差を離されて、ズルズルいく
かと思いきや驚異的な粘りを発揮。チグハグなプレーが続くジャケリネをコートから
引きずり下ろす場面も^^ブラジルに9度のセットポイントを奪われるも、それをキムや
江畑が必死のスパイクではねのけ、気がつけば33-33@@そこから、キムが連続
スパイクを決めて壮絶なセットに終止符、35-33とブラジルからセット連取!!
b0057694_214122100.jpg















b0057694_21432579.jpg

















あるよぉ~^^

[第3セット]
勢いにのる日本は、3セット目も16-14と優位に試合を進めたが、カルバリョに代わり
途中出場のウェリサの速攻などでブロックを散らす^^;日本はサーブミスも目立ち、
今大会初出場のピンチサーバー石田を投入するも流れは変わらず、クラウジノが凄い
高さから連続でスパイクを決めて、22-25で落とす^^;
b0057694_2152588.jpg
















[第4セット]
山本のサーブ、ブロック、移動攻撃、速攻などの活躍により、粘りに粘って点差を広げ
られないまま終盤に^^22-22から竹下のサーブから始まったラリーで、最後にキムが
スパイクを打つも、3枚ブロックのシェイラにシャットアウト!さらに次のラリーでも、キム
の放ったスパイクを今度はタイーザに止められ3連続失点;;22-25で3セットに続いて
落とし、フルセットへ^^;
b0057694_21435291.jpg
















[第5セット]
江畑、山本の攻撃が、ことごとくブラジルに止められる^^;シェイラに連続ブロック、
ナタリアの強烈スパイクで徐々に得点を離し、最後はファビアナに強打を決められ、
11-15で逆転負け;;
b0057694_214434.jpg


















悔しいーっ!!!


ホント悔しい試合でしたね^^;2セット先取しておいての逆転負け;;3セット目からは
ブラジルも変わりましたね。この日ブラジルに21本のブロックを決められ、日本の
7本の3倍^^;高さのあるブロックで止められると、竹下は止められたアタッカーを
決めるまでとことん使うという癖が見られました。最終的にキムに集めるのはエース
の宿命だから仕方ないが、第4セットで山本を上手く使ったように、もっと攻撃を散ら
せば勝機はあったかも^^;佐野や竹下らが、とことん拾ってつなぎ、バックアタック、
ブロード、速攻と多彩な3D攻撃ができる今の日本なら、ブラジルも撃破できますよ^^
この日は、江畑がスパイク28本、サーブ1本と29得点でチームトップ!
[PR]
by saemon-no-suke | 2010-11-14 22:27 | スポーツ(バレーボール)

反則ですっ^^;

b0057694_2359125.jpg2010 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第9日


【第2次ラウンド】 ×ロシア(世界RK7位)
前日、準決勝進出を決めた日本の第2次ラウンド最終戦は、同じく準決勝進出を決め
ている前回大会ブラジルを破り、金メダルに輝いた女王ロシアとの一戦。何といっても、
202cmの長身エース、ガモワ^^;手を伸ばせば、ネットから手が出るほどの長身で、
そこから繰り出されるスパイクは規格外!バックアタックもオープン攻撃かと思わせる
ほど^^;さらに、ユリア・メルクロワも202cmと反則的な布陣;;拾ってつなぐ粘りの
日本バレーが通用するのか?果たして・・・
井上、キム、竹下、山口、江畑、山本、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
ロシアは先発に202cmのガモワら2人、190cm台のシャチコワら3人起用@@この
時点で反則じゃん;;エースのガモワ、シャチコワの強烈なスパイクを拾いまくる日本^^;
ガモワの強弱織り交ぜたバックアタックが次々と決まり、日本のブロックの上からの
スパイクを打ってくるので、お手上げ状態;;それでも、粘る日本はエースのキムが
技ありのスパイクを決めるなど、1点差でリードする場面も度々見られたが、19-19
からガモワ、シャチコワの強打を止めきれず失点を重ね、21-25で落とした^^;
b0057694_23245915.jpg

















[第2セット]
ここまで絶好調だったが、高さに根負けして調子が出ない江畑に代えて迫田を投入^^
しかし、ロシアの高さに対応できず^^;前後に揺さぶる相手のサーブにも惑わされて
サーブレシーブも乱れる^^;ガモワに加え、202cmのメルクロワ、シャチコワらが確実
なスパイクを決め、9-12から一方的に攻められる^^;日本も山口らがスパイクを決め
対抗するも、ズルズルと得点を離され、14-25と完敗;;
b0057694_23334336.jpg
















[第3セット]
井上、キムのサービスエースなど、サーブで崩す作戦が功を奏す^^バタバタなロシア
を尻目に得点を離していき、キムのスパイクも冴えまくり、16-8と優位な展開^^しかし、
ロシアもスパイク決定率1位のコシェレワを投入して追い上げ、22-21と日本の背中を
捕らえたが、キムが身体はストレート、スパイクはクロスと技ありのスパイクを決めて
25-23と競り勝ち、セット奪取^^
b0057694_23284530.jpg

















[第4セット]
ポーランド戦の再来と思わせたが、ロシアの好サーブに惑わされ、キムもレシーブが
思うようにできない^^;ガモワのコース狙いのサーブが決まり、8連続得点@@迫田
のバックアタック、山本のブロックなどで食い下がる^^キムの必死の抵抗むなしく、
最後はコシュレワに豪快に決められ、13-25で完敗;;
b0057694_23363178.jpg
















いや、完敗でしたね;;第2次ラウンド最終戦は敗戦し、5勝2敗でEプール2位で通過^^
それにしても身長高すぎっ^^;ロシアは速攻を使わずして勝利しちゃったんだから、
速攻使われたら、もっと大差負けやね;;サーブで守備陣を崩せば、光は見えたのも
事実^^この日は、キムがスパイク21本、ブロック1本、サーブ3本と25得点でチーム
トップ!ガリバー相手に25得点とは、やはりキムは凄い^^準決勝での相手はFプール
1位のブラジルと決まり、8月のWGPで勝ってるだけに勝機はあるかもね^^私的にも
アメリカよりブラジルの方が戦いやすいかと・・・^^
[PR]
by saemon-no-suke | 2010-11-11 23:21 | スポーツ(バレーボール)