天と地と

b0057694_15573073.jpg北京オリンピック 2008
-Beijing 2008 Olympic Games-

大会07日目   【金】×5 【銀】×3 【銅】×3



体操男子個人総合 決勝
団体で2連覇を逃した日本は、エース冨田洋之と19歳の内村航平が出場^^
【床運動】
内村は得意とする種目で15.825点の高得点で2位と好発進^^冨田は15.100点
の15位スタート^^;
【あん馬】
内村が2度も落下@@13.275点で一気に22位まで後退;;冨田は安定した演技、
15.425点で7位に浮上^^
【つり輪】
内村は得点を伸ばせず、15.200点で24位に後退;;この種目を得意とする冨田が、
ラストの前方屈伸2回宙返りで左手が滑ってまさかの落下@@13.850点で一気に
21位に後退;;この落下で首、右肩、腰を痛めた^^;
【跳馬】
内村は着地も綺麗にまとめ、16.300点の高得点で13位に浮上^^冨田は、落下の
影響か?精彩を欠いたものの15.700点で17位に浮上^^
【平行棒】
内村はライバルが次々と失敗するなか、15.975点でまとめ4位まで浮上、メダルが
見えてきたよぉ^^冨田も16.000点と高得点で9位に浮上^^
【鉄棒】
内村は手放し技のコールマンも見事に決めると15.400点で2位となり、個人総合
で84年ロス五輪の具志堅幸司以来24年ぶりのメダル獲得となった^^
冨田は15.675点の高得点だったが、つり輪での失敗が響いて4位;;
内村は奇跡的な追い上げを見せて、見事メダル獲得^^次のロンドン大会で楽しみな
選手が、また一人出てきましたね^^
b0057694_15575718.jpg
[PR]
by saemon-no-suke | 2008-08-15 21:05 | スポーツ(その他)


<< 桂治がぁぁぁぁ ちょっと悔しい >>