2年連続!

海外メジャー第3戦、第137回全英オープンが開幕。今大会は先日の全米OPの
激闘で左ヒザ手術のため、T.ウッズが欠場ということで、寂しい感じのする今年の
全英オープン^^;本命ウッズ不在のため、大混戦の予想も?!

初日
先日の全米OPでウッズとプレーオフでの激闘をしたR.メディエイトら3人が、-1で
首位に立った^^1打差の±0には、A.スコット、B.ブライアント、そして大ベテランの
「ホワイトシャーク」ことG.ノーマン@@日本からは、8人がエントリー^^谷口徹が
直前に背中を痛めて棄権;;メジャー初挑戦の岩田寛が+3の27位タイ、矢野東が
+4の38位タイ、塚田好宣が+5の52位タイ、世界RK2位のP.ミケルソンと同組の
谷原秀人は+6の74位タイ、期待の今田竜二は+7の91位タイ^^;
b0057694_12365542.jpg
















二日目
全英特有の風がおさまらず^^;初日±0の4位タイにつけた53歳のG.ノーマンが
±0をキープ!単独2位に浮上、ウッズ不在の中53歳のベテランが存在感を見せ
つけた^^+2の15位タイからスタートのK.J.チョイが安定したゴルフを見せ、4つも
バーディー奪って通算-1の単独首位に^^連続ボギーのスタートにもかかわらず
前半に3バーディー、さらに13番でボギーを叩いた後の14番から上がり5ホール
連続バーディーを奪った「スパイダーマン」ことC.ビジェガスが、5つスコアを伸ばし、
74位タイから通算+1の単独3位に一気に躍進!01年全英覇者のD.デュバルも
通算+2の4位タイに浮上^^
矢野東、塚田好宣が通算+10で僅か1打差で予選落ち;;今田竜二、谷原秀人、
岩田寛ともにスコアを崩し、こちらも予選落ち;;日本全滅ぅ・・・。
b0057694_12422696.jpg

















三日目
最も強烈な風が吹いた三日目^^;ムービングサタデーどころではなく、上位陣達も
苦しむ・・・^^;果たしてウッズは、どのように攻めていたのか?!気になるところ^^
そんななかでも堅実なゴルフを展開した大ベテラン、G.ノーマン^^序盤はカップに
嫌われて、ボギー先行のゴルフでしたが、14番で4mのバーディーを沈め、17番
PAR5ではイーグルパットを外しバーディーを奪って、通算+2の単独首位で93年
以来の全英3勝目に王手^^単独首位からスタートのK.J.チョイは、序盤パーセーブ
で一時は3打差つけたものの、徐々にスコアを崩し、通算+4として大会2連覇を狙う
P.ハンリントンと並び2位タイ。
b0057694_12442466.jpg

















最終日
2位に2打差でスタートしたG.ノーマンだったが、1番から3連続ボギー@@で+5に
後退^^;同組でラウンドしたP.ハリントンは堅実にパーセーブを繰り返し、単独首位
に浮上^^しかし、7番から3連続ボギーを喫し、G.ノーマンが再び首位タイまで浮上^^
上位陣がスコアメイクに苦しむなか、優勝争いに急浮上したのが地元イングランド
出身のI.ポールター^^通算+8から2連続ボギーのスタートでしたが、9番、11番、
16番でバーディーを奪って通算+7フィニッシュ!この時点で首位タイまで浮上!!
後半に入り、10番でノーマンがボギー^^;ハリントンは左ラフに入れながらもパー^^
ハンリントンは11番でもピンチを凌ぐと、13番でこの日初めてのバーディーを奪う。
ノーマンは12番、13番と連続ボギーを叩き、ハリントンと3打差^^;13番で勢いに
乗ったハリントンは、15番PAR5でもバーディー!!圧巻は続く16番PAR5の2打目。
グリーン手前のバンカーを越えてグリーンに乗ると、そのままピン方向へ@@ピン
そば1mにつけるミラクルショットで勝負あり^^
最終18番でバーディーは奪えなかったが、通算+2でP.ハリントンが2年連続優勝^^
単独2位には通算+7のI.ポールター、G.ノーマンは通算+9の3位タイ。
ウッズ不在で寂しかった感のある全英オープンでしたが、沸かしてくれたのはやはり
大ベテランのG.ノーマンでしょうね^^3日目に首位となり、最年長優勝もかかっていた
だけに残念;;当の本人も翌週の全英シニアのために来たのに好成績でビックリと^^;
b0057694_12502086.jpg
[PR]
by saemon-no-suke | 2008-07-21 12:42 | スポーツ(ゴルフ)


<< 祝!甲子園 ルビーフラワー賞 >>