有終の美^^

2008 北京五輪バレーボール最終予選 男子
日本×アルジェリア
北京五輪出場を決めた日本の最終戦は、W杯開幕戦で日本を破ったチュニジアを
押さえ決勝まで進出したアルジェリア。サイド中心のバレーからクイックとコンビを
加えたバレーに変わった。世界ランクは60位だが、アフリカ未知の力の国^^;北京
五輪を見据えて、ここで負けてはいられない五輪を占う一戦。
先発は、山本、松本、ヤマコフ、ゴッツ、こっすぃ、朝長にリベロ津曲^^

第1セット、序盤にゴッツのスパイク、サービスエースで連続得点の日本^^7-6から
こっすぃがスパイクを決め、連続サービスエース!!3連続ポイントとして引き離す。
アルジェリアもシキの強烈なスパイクで追いかける。中盤、松本に代えてノブコフを
投入^^ラリー戦をモノにできず、15-14と点差が縮まるが、アルジェリアのサーブが
入らず追い抜けず。ゴッツ、山本のスパイクで再びリードを奪って、終盤にこっすぃ、
ノブコフの活躍で流れを譲らず^^最後は、こっすぃのサーブで相手を崩し、ゴッツが
スパイクを決めて25-20と1セット先取^^
b0057694_21423763.jpg















b0057694_21385556.jpg
















b0057694_2143335.jpg















第2セット、ノブコフの速攻、山本のスパイクなどで日本リード^^シキ中心のスパイク、
ハクミのツーアタックなどでアルジェリアも応戦^^;しかし、ノブコフの速攻、こっすぃ
のスパイクで得点を重ね、16-9と大量リード^^今までワンポイントブロック、サーブ
での投入が多かったが、この日は山本に代わってのスーパーエースのポジションに
満を持して、東海大学4年のゴリを投入^^最初のトスは、ゴリもガッチガチでネットに
ひっかける^^;しかし、強烈なサービスエース!!!!さらに、19-12からこっすぃに
代え、これまた現役大学生で中央大学4年の福澤を投入^^身長は189cmと低いが、
全日本メンバーのなかで最高到達点の記録を持つ。その福澤は滞空時間の長い
ジャンプから強烈スパイクを次々と決める^^こっすぃもウカウカしてられないですね。
最後は、河合、中垣内両解説者も驚愕するゴリの豪快かつ強烈なバックアタックを
決めて25-13とセット連取^^
b0057694_21504923.jpg















b0057694_21435719.jpg















第3セット、ノブコフの速攻で先制点を奪った日本が3-0とリード^^アルジェリアもシキ
が強烈なスパイクを決め、ゴリのバックアタックをシャットアウトされ、逆転される^^;
ゴッツの豪快なスパイクで同点にした後は、福澤を軸に時折ゴッツ、ゴリの豪快な
アタックで勢いづく^^中盤、ゴリがサービスエースを決め、日本ペースに^^その後も
福澤&ゴリの大学生コンビが、今まで出場する機会が少なかった分を取り戻すかの
ように豪快にスパイクを決めていく^^ノブコフのサーブで崩し、ヤマコフがダイレクト
で決め21-16と突き放す^^セッターを朝長から宇佐美にチェンジ。ゴッツのスパイク
でマッチポイントを奪い、最後はゴッツのサービスエースが決まり、25-17と試合を
決めた^^
b0057694_21444459.jpg















連日ほぼフル稼働だった荻野以外、全員が出場する試合となった。大学生コンビは
鬱憤を晴らすかのような活躍っぷり^^福澤の跳躍力はホント凄いね。レシーブ力が
あがると、こっすぃもウカウカしてられないですね^^;ゴリの豪快さは、荻野と控えに
回った山本がゴリの手の振りを真似しながら、脱帽してましたね。今夏引退を決意
しているノブコフは号泣;;控えに甘んじていた各選手が、スタメン同様の活躍をして
層の厚さを感じました^^今大会130得点(スパイク106点、ブロック13点、サーブ
11点)でBest scorersに輝いた山本は、やはりスーパーエースらしい活躍でした^^
ゴッツの強烈なサービスエースは、どれも効果的^^ここぞという時のヤマコフ、松本
の速攻&ブロックも効果的^^津曲の好レシーブにどれだけ助けられたか^^ホ~ント、
数年前とは全然違う強いチームになりました。有終の美を飾った日本は、コート中央
で全員で円陣を組み勝利の雄叫びをあげて大会を終えた^^
b0057694_2145242.jpg

















試合終了後に五輪1次リーグの組み分け方法を発表。12カ国を6カ国ずつ分ける
1次Lで世界ランク12位の日本は、南米代表の20位のベネズエラ、開催国の21位
の中国と格下の2カ国が同組になる見込みとなり、決勝トーナメント進出が狙える
組み合わせ。さらに1次L上位で決勝Tに進出すれば、有利な組み合わせでホントに
メダルが狙える位置も^^
女子は、開催国の中国を含め、世界予選で競り勝ったポーランド、世界ランク29位
のベネズエラと同組になりそうで、こちら決勝トーナメント進出が狙える組み合わせ^^
別組にブラジル、セルビアなど強豪国揃いで決勝Tでは厳しい戦いになりそう^^;
11日に抽選会が行われ、組み分け及び試合順が正式に決定する。
[PR]
by saemon-no-suke | 2008-06-09 21:52 | スポーツ(バレーボール)


<< LR恐るべし 好発進も・・・ >>