計測不能の大混戦@@

こんばんは^^


世界陸上2007 in大阪 第3日目
女子走幅跳予選
日本記録保持者イケクミこと池田久美子は、7mジャンプを宣言して臨んだ。1回目
追い風の好条件の中、踏み切りを失敗して自身の日本記録、さらに通過標準記録
にもほど遠い6m39cm@@さらに2回目も伸びずに6m25cm@@追い込まれた
3回目。踏み切りは悪くないが、全く伸びずに6m42cmと平凡な記録で決勝進出
ならず;;予選出場者29人中25位の惨敗となった;;
b0057694_0465098.jpg















男子ハンマー投げ決勝
メダルの期待がかかる室伏広治が登場^^ライバルはベラルーシの2人かなぁ?!
1投目は76.94mの投てきで4位につける。コズムス(スロベニア)が、いきなり80m
を超える80.68mのビッグスロー@@6回投げるためには、まずベスト8を目指す^^
室伏の2投目は、左にそれたが79.46mで今季自己ベスト!しかし、ハルフレイタグ
(スロバキア)が80.93mで2位、デフヤトスキー(ベラルーシ)が80.95mで1位、
ジョルコフスキ(ポーランド)が80.09mで4位と3人が80m超えをして5位に落とす;;
2連覇中のティホン(ベラルーシ)は、2回とも失敗で記録なし;;3位のコズムスが
3投目に80mを大きく超える82.12mのビッグスローで再び1位に!5位の室伏は
今季初の80m超えスローで見事80.38m!再び4位となり、残り3回の試技獲得^^
b0057694_0573475.jpg
















ティホンは、3投目にようやく成功して79.35mで、なんとか8位に滑り込み^^;まだ
吠えていない室伏は、ここでも吠えずに79.56mと伸びず;;2位のデフヤトスキー
が4投目に81.22mと伸ばす。予選でただ一人80m超えの3位ハルフレイタグが
81.60mと伸ばして2位に。ティホンが覇者の維持を見せ80.77mで4位に浮上^^
5位の室伏が吠えたっ!80.13mと80m超えはしたものの順位は変らず^^;そして
最終投てき。ポルシュ(ハンガリー)が、80.93mの投てきで4位浮上。6位に落ちた
室伏の6投目、魂のこもった投てきは、80.46mと今季自己ベスト更新するものの
順位は変らず;;低い姿勢から投げた5位のティホンは最後の最後で今季世界最高
となる83.63m@@2位のコズムスは82.29mと伸ばしたが逆転ならず。ティホン
大逆転で見事3連覇!それにしても6人が80m超えとは、レベルが高いっすね^^;
目まぐるしく順位が変わる今回のハンマー投げは面白かった^^試合終了後に優勝
のティホン、準優勝のコズムスになぜか6位の室伏が加わって、ウイニングラン^^
b0057694_0575080.jpg















女子100m決勝、準決勝1組目、11秒02で1位通過のT.エドワーズ(米国)と
準決勝2組目、10秒99で1位通過のV.キャンベル(ジャマイカ)と男子と同じように、
米国×ジャマイカの一騎打ちか?!綺麗に一発スタート!前回覇者のウィリアムズ
(米国)が、途中ややリードするも横一線^^エドワーズ、キャンベル、ジーター(米国)、
ゲバールト(ベルギー)と大混戦のままウィリアムズ、キャンベルら並んでのゴール!
ん?!どっち?!誰?!スローで見てもどっちが勝ったかわからないほど計測不能
で電光掲示板も狂うほどの大接戦。結果がなかなか確定せず、4位のエドワーズが
最上位に表示されるというハプニングのなか、写真判定は数分間続いて、11秒01と
同タイムながら着差僅か数cmでキャンベルが優勝、ジャマイカに初めて金メダルを
もたらした^^1位から5位まで0秒04差@@いやぁ、凄いものを見せてくれましたっ^^
b0057694_16107.jpg
[PR]
by saemon-no-suke | 2007-08-28 23:46 | スポーツ(陸上)


<< まさかの・・・ 世界記録更新ならず^^; >>