毎年恒例の・・・^^

こんばんわ^^


昨日は、K-1 WORLD GP2006 決勝戦。99年から行き始め、毎年恒例行事に
なっていて、今年で8回目の観戦^^観戦前に東京ドーム横にあるBaseBall Cafeで
軽く食事を済ませ、いつも選手入場が長いので、今年は試合開始にあわせて17:00
に会場入り^^入ると、ちょうどアーツ×武蔵戦でした。
b0057694_22584741.jpgb0057694_22585753.jpg
















<第1試合:第1リザーブマッチ>
ピーター・アーツ×武蔵
最初から動きの良かったアーツが、パンチ&ローキックで武蔵を攻め続け、左フック&
右ストレートでダウンを奪う。武蔵は立ち上がるもアーツのラッシュの前に何もすること
ができずに1R 2分53秒アーツのKO勝ち。
b0057694_2261795.jpg

















<第2試合:K-1 WORLD GP2006準々決勝>
セーム・シュルト×ジェロム・レ・バンナ
昨年覇者シュルトに無冠の帝王バンナ。1R、シュルトの蹴りに対しバンナはパンチで
応戦。デカイためか?全く効き目なし^^;2R、バンナは一転して蹴り主体に。シュルト
のハイキックがバンナの後頭部に当たり、思わずダウン;;3R、ダウンを喫し、もう後が
ないバンナはパンチ&キックを打ちまくるが、終了のゴング。シュルト3-0の判定勝ち。

<第3試合:K-1 WORLD GP2006準々決勝>
アーネスト・ホースト×ハリッド ”ディ・ファウスト”
このGPで負けた時点で現役引退のホースト。1R、昔のような強さは、見られなかった
ですね。キックも全く効いていない様子。ただ足を出してるだけのようにも見えました^^;
逆に俊敏な動きでホーストにパンチを出すファウスト。2R、キック&パンチ連打で相手
ファウストを翻弄。長年やっているだけあって試合巧者ですね^^3R、ファウストも反撃、
ホーストも応戦して一歩も引かずに判定へ。1-0でホーストでしたが、延長ラウンドに。
息を吹き返したホーストは的確に相手を捉え、3-0のホースト判定勝ち。
b0057694_22155956.jpg















<第4試合:K-1 WORLD GP2006準々決勝>
グラウベ・フェイトーザ×ルスラン・カラエフ
昨年リザーバーからファイナリストとなった一撃必殺グラウベ。対するロシアの速射砲
のカラエフ。素早い攻撃の両者で期待していました^^1R、ゴングと同時にカラエフが、
グラウベに突進してパンチをかすめる^^;グラウベはキックで応戦。バックブロー、後ろ
回し蹴りなどを繰り出したカラエフペース。しかし、右ローキック後にブラジリアンキック
炸裂!カラエフがフラついたところに右フックで、1R 1分11秒グラウベKO勝ち。
b0057694_22185028.jpg















<第5試合:K-1 WORLD GP2006準々決勝>
レミー・ボンヤスキー×ステファン ”ブリッツ”レコ
昨年、GP王座から転落したレミー。開幕戦で私のお気に入りのセフォーに判定勝ち
なんかしちゃったレコ。応援するはずがないw1R、レミーはハイキックを連発、レコも
ワンツーで応戦。その後、お互いにローキック・・・





アクシデント発生ですっw





お互いにローキックを出した瞬間、レコの蹴りがレミーのおてぃんてぃんに命中~@@
試合は中断するもレミー回復できず;;スーパーファイト後に1R17秒から再開となった。
b0057694_22283047.jpg















<第6試合:第2リザーブマッチ>
レイ・セフォー×メルヴィン・マヌーフ
当初、チェ・ホンマンとの試合予定だったが、ケガで欠場のためにHERO'Sで活躍中の
マヌーフが代わりに出場。1R、マヌーフのハイキックをかわし、ブーメランフック炸裂!
ダウンした後、立ち上がりはしたものの危険とみなされ、1R 40秒でセフォーKO勝ち^^
さすがですっ。セフォーは、観客の盛り上げ方を知っていますね^^本戦に出ていない
のが残念ですぅぅぅぅぅ;;
b0057694_22275433.jpg

















そして、1R17秒からレミー×レコの試合再開^^レミーは、ミドル、ハイ、ローとキックを
蹴り分ける。それに対しレコは、右フック、そのあとに後ろ回し蹴り・・・





アクシデント発生ですっw





今度はレコのカカトが、またもやレミーのおてぃんてぃんに^^;またうずくまってしまった
レミー。故意な行為としてレコは減点^^;再びインターバルが与えられ、体力回復して
再開されなければ、レコの反則負けとアナウンス。しかし、レミーは試合続行アピール。
しかし、体力回復ができていないレミーの動きがスローに^^;レコも思い切った攻撃が
できず;;2R、多少は体力回復したのか?反撃するレミー、レコもパンチ主体の攻撃で
追い詰める。レミーは、いっぱいいっぱい^^;3R、動きの止まったレミーにレコ猛反撃^^
打たれながらもレミーの右フックが、レコのアゴに入りダウン。しかし、決着がつかずに
判定に^^;3-0でレミー判定勝ち。


<第7試合:K-1 WORLD GP2006準決勝>
セーム・シュルト×アーネスト・ホースト
バンナ戦をほぼノーダメージで勝ち上がったシュルトに対し延長までもつれたホースト^^;
1R、前蹴り、ジャブを繰り出すシュルト、前の延長戦でさらに俊敏さがなくなっていた
ホースト。試合はシュルトのペースで進む。2R、相変わらず前蹴りのシュルト、ホースト
もパンチで応戦するがガードするので精一杯^^;3R、シュルトがホーストを追い詰める。
すると、会場からホーストコール!シュルトはパンチ、前蹴り、ヒザ蹴りと攻撃が加速。
そして終了ゴング。3-0でシュルト判定勝ち。ここでホースト最後の試合となった;;
b0057694_22345289.jpg















<第8試合:K-1 WORLD GP2006準決勝>
グラウベ・フェイトーザ×ピーター・アーツ
グラウベの相手はレミーだったが、ダメージが大きくドクターストップ^^;レミーに負けた
レコも左足負傷でドクターストップ^^;結局、第一リザーバーのアーツが出場決定!!
アーツが出場ってことで会場は、ヒ~トアップ!!!1R、アーツは序盤から良い動きを
見せる^^しかし、グラウベのブラジリアンキック炸裂!一気に勝負をかけたグラウベの
パンチをアーツはうまくかわす。グラウベは、カカト落としまで繰り出しグラウベペース^^
2R、勢いそのままにグラウベがアーツを攻め立てるが、アーツの左右のパンチで動き
が止まる。ローキックを蹴りつつ下からアッパーを決めるとグラウベが、まさかのダウン
@@2R1分02秒でアーツのTKO勝ち。
b0057694_22405825.jpg















<第9試合:スーパーファイト>
バダ・ハリ×ポール・スロウィンスキー
開幕戦で敗戦した者同士の戦い。口だけ番長バダハリの衝撃的なKOを見たかったが、
終始冷静な試合運び^^;3R、パンチの連打で追い込むも最後の一撃を出さず;;結局、
判定に持ち込み3-0でバダハリの判定勝ち。やはり口だけ番長だったw


<第10試合:K-1 WORLD GP2006決勝>
セーム・シュルト×ピーター・アーツ
決勝に勝ち上がったのは、やはり前年王者シュルトに誰もが予想しなかったアーツ^^
入場の時から会場全体はアーツコール!シュルトは完全にアウェイ状態。1R、ゴング
とともに動いたのはアーツ。さらにローキックで攻め立てるとシュルトが揺らぐ。またも
アーツコール!パンチで一気にたたみかけるが、ヒザ蹴りなど喰らい形勢逆転^^;2R、
アーツのローキックとシュルトの前蹴り対決!!前蹴り&ヒザ蹴りでアーツがダウン;;
顔を赤くして苦しみながらも乗り越える。3R、ダウンを取り優位に立ったシュルトは無理
にKOを狙わず余裕の試合運び^^;アーツは、キックにパンチにたたみかける。しかし、
パンチ力がなく倒せない。結局、3-0でシュルト判定勝ちとなり連覇となった。
b0057694_22413120.jpg















b0057694_22421064.jpg

















閉会式の後、アーネスト・ホーストの引退セレモニーが行われた。挨拶後に藤原紀香、
ベルナルド、バンナ、シカティック、アーツらのK-1盟友から花束をもらい、シュルトから
ゴールデングローブが渡された。やはり1日3試合はダメですね^^;体力温存するため
判定に持ち込みますからね^^;我々はKOが見たいのに。どうせなら決勝ぐらいは両者
どちらかが倒れるまでやってみて欲しいですね。そういう意味ではセフォーの戦い方は
好きですねぇ^^”口だけ番長”じゃなくKO決めてくれさえすれば、バダ・ハリもいいです。
さぁ、果たして来年は観戦するかなぁ・・・?
b0057694_2242254.jpg
[PR]
by saemon-no-suke | 2006-12-02 23:59 | スポーツ(格闘技)


<< もう5日目^^; かんぱ~いっ;; >>