MB1

b0057694_23123269.jpgワールドグランドチャンピオンズカップ 2013 
女子大会 初日 
×ロシア(世界RK6位)




ワールドグランドチャンピオンズカップ、通称”グラチャン”は、FIVB公認の大会で
93年より4年に1度(五輪翌年)日本で開催され、ワールドカップ、世界選手権と
同等の世界大会。北中米、南米、欧州、アジアの各大陸王者が集まり、FIVB推薦国
と開催国の日本を含め、6ヶ国で優勝を争う世界一決定戦。女子大会(12日~17日)
に続き、男子大会(19日~24日)も行われる。
今大会出場するのは、北中米代表は五輪銀のアメリカ(世界RK2位)、南米代表は
五輪金のブラジル(世界RK1位)、欧州代表ロシア(世界RK6位)、アジア代表タイ
(世界RK12位)、FIVB推薦ドミニカ共和国(世界RK8位)、開催国日本(世界RK3位)
の6ヶ国。

2020年東京五輪に決定後、東京で初の世界大会。世界最強最少セッターの竹下、
大友らが抜け、きむ、江畑、中道、新鍋、迫田らロンドン五輪経験者と新加入者で
平均年齢24.21歳と若返りを図った火の鳥NIPPON。
今大会から背が低い日本ならではのフォーメーション、真鍋監督が2年間温めてきた
という”MB1”が初お披露目。果たして世界に通用するのか?


第1セット

注目のスタメンは、五輪メンバーのWS新鍋、19歳新鋭で本日唯一のMB大竹、五輪
サブのS中道、練習で腰を痛めた江畑に代わりWS石井、五輪メンバーのWS迫田、
今大会選手宣誓をした日本のエースWSきむ、守備の要にはL佐藤の布陣。
通常ならば、MB大竹の対角には平井や岩坂などのMBを置くのがセオリーだが、WS
である迫田を起用!!MB1人に対し、WS4人・・・これが、”MB1(エムビーワン)”

MBの位置に入ったWS迫田のバックアタックで日本先制!!きむ、中道のサービス
エースなどで5-2とリード^^迫田は前衛にいるにもかかわらず後ろまで下がって
バックアタック気味にスパイクを決める。これにロシアが抗議、審判も訳わからない
状況^^;きむが主審に説明・・・前衛の選手はアタックラインを超えてスパイクを打って
も問題なく、前衛時にわざわざ後方に下がってバックアタックを打ち、後衛時には普通
にバックアタックを打つ。これにより速攻がなくなるが、常にサイド攻撃とバックアタック
が可能。MBが前衛にいれば、そこに速攻の選択肢も増える。
b0057694_23283626.jpg
















ロシアは混乱が続くなか、センター攻撃を増やし追い上げ14-14と同点にするが、
中道の好レシーブで盛り立て、最後はきむが決めて16-14と日本抜け出す^^
迫田のバックライト、きむのサービスエースでさらに得点追加。終盤もきむの難しい
二段トスを石井ちゃんが豪快に決めて21-17と突き放す!!23-20と3点リードして、
ピンチサーバーの近江が2連続サービスエースで締め、25-20と欧州王者から1セット
取ったどー!!!
b0057694_23164666.jpg


















第2セット

このセットはロシア先行。日本も迫っちゃんの強烈なバックアタックで追い上げるが、
2-7と劣勢^^;大竹の連続サービスエースが出るも、ロシア優勢変わらず。
12-15と3点差がなかなか縮まらずに中盤を迎え、大竹のサーブで相手を崩した所を
石井ちゃんが決め、15-15の同点に追いつく!第1セット同様にピンチサーバーの
近江のサーブから得点を挙げるもスパイクがブロックにつかまり、19-24と瀬戸際に
追い込まれる^^;
しかし、ここからきむのサービスエースや新鍋のスパイクで怒涛の追い上げで24-24
の同点に追いつく^^さらにワンポイントで投入の岩坂が見事にブロックを決めると
25-24と勝ち越し!一気に畳み掛けたいところだったが、石井ちゃんが決めきれずに
1点を巡る攻防が繰り返される。どこまで行くかと思ったが、最後は日本のスパイク
ミスで26-28でロシアがセット奪取。


第3セット

大竹の速攻で先制すると、MBばりのブロックやバックアタック風のスパイクなどで
得点を重ね8-3と日本リード。そこから中道のレシーブをリベロ佐藤があげた二段
トスを石井ちゃんが決めてリズムをつかんだ日本は、あれよあれよのうちに9連続
得点で、16-3と大量リード^^
しかし、ロシアは日本の攻撃をブロックポイントで稼ぎ、21-16と5点差まで追い上げ
たが、きむが決めて嫌な流れを取り戻し、最後はロシアのスパイクミス。25-16と
大差でセット奪取してセットカウント2-1!
b0057694_23312091.jpg

















第4セット

このまま勢いに乗りたい日本は、大竹、石井ちゃんのスパイクで得点を重ねて8-7と
日本先行。さらに迫田のバックアタックやきむのサービスエースで、さらにリードを
広げる^^石井ちゃんが3枚ブロックを上手く抜くスパイクで得点を重ねるが、ロシアも
ブロックで応戦。ここでも16-15と1点を巡る攻防が繰り広げられる。
b0057694_23361013.jpg

















終盤、サービスエースで一歩抜け出して17-19とロシアリード^^;迫っちゃんのバック
アタックは、ここでも効き目あり!さらに新鍋のスパイクで19-19の同点に追いつくが、
ロシアが再び突き放す;;
しかし、中道、きむの好レシーブで追い上げ、24-24と第2セットに続いてジュースに
持ち込む^^大竹のサービスエースでマッチポイントとすると、最後は迫っちゃんの
本日3本目のブロックで26-24で下し、欧州王者のロシア撃破!!
b0057694_23374863.jpg

















いやぁ、エムビーワン(MB1)フォーメーションやりましたね^^初めてのことで混乱
しまくりのロシアでしたが、がっつりハマりましたね。
新加入の石井ちゃん頑張りましたねぇ^^スパイク20点、サーブ1点、ブロック1点で
この日チーム最高の22得点!きむより稼いでる@@二段トスや難しいトスを打つのが
上手いね。まるできむを見てるようだったな^^
b0057694_23501725.jpg

















これで各国のアナリストは必死こいてMB1を研究し始めるでしょうね^^明日の米国は
そんなの関係ねーって感じでガンガン攻めてくるでしょう^^;
”MB1”初お披露目で未完成ながら勝利できたのは大きいでしょう^^4年後に向けて、
新たな一歩を踏み始めた新生火の鳥NIPPON、楽しみです。
[PR]
by saemon-no-suke | 2013-11-13 23:50 | スポーツ(バレーボール)


絶好調^^ >>