伝説再び・・・

b0057694_13112398.jpg London 2012 Olympics

大会10日目   【金】×2 【銀】×10 【銅】×12



【陸上】
女子マラソン

日本からは、重友梨佐、木崎良子、尾崎好美の3人が出場^^かつて4大会連続でメダル
を獲得している日本は、最近はスピードについていけてない状況^^;そんななか、3人は
一緒に合宿を行いチーム日本としてエチオピア、ケニア勢に立ち向かう。粘りの走法で
どこまで喰らいつけるか?今大会のマラソンは、ロンドン市内のザ・マルを発着点として
の周回コースで行われる。途中、狭い道や石畳などもあり走りにくそうだが・・・。


雨のなかスタート!

スタート直後から大きな集団を形成。重友、木崎、尾崎ら3人とも集団前方に^^8km
付近で先頭集団が絞られていき、日本の3人はしっかりと集団後方についていく。
14km過ぎには尾崎が先頭に出て15kmをトップ通過^^一時、重友が遅れていた重友が
再び先頭集団の先頭に出る。日本勢3人とも先頭集団内を走って周回コースの2周目へ。
雨も小降りになり、19km付近で尾崎が集団の中盤に下がり、重友は再び遅れ始める^^;
20kmではストラーネオ(イタリア)がトップ通過。木崎はトップから4秒遅れ、尾崎は5秒
遅れで集団後方を走る。重友は19秒差に広がり苦しい展開;;中間点で尾崎が遅れ
始め、必死に食らいついている状態^^;木崎は先頭集団の中盤を走る。ここら辺から
ケニア、エチオピア勢が先頭集団を牽引。23kmには先頭集団が19人に絞られ尾崎は
ついていけず^^;ケイタニー、キプラガド、ジェプトゥーのケニア勢が牽引。
24km過ぎにキプラカドが一人飛び出すが、後ろの集団もついていく。ここで先頭集団は、
予想通りケイタニー、キプラカド、ジェプトゥーのケニア勢3人、ディババ、ゲラナ、
メルギアのエチオピア勢3人の6人に^^25km、先頭6人を第2集団の8人が追い、さらに
後方に木崎、尾崎が走る。27km付近で先頭集団に朱暁琳(中国)、フラナガン(米国)
が追いつき、28kmでメルギアが先頭集団から脱落;;その後、朱も遅れ始め先頭は
ケニア勢3人、エチオピア勢2人に。
29km、ケイタニー、キプラカド、ジェプトゥー、ディババ、ゲラナがトップで通過。第2集団
の差を広げ、周回コースの3周目に入る。1分5秒差の21位で尾崎、それを追うように
木崎が通過・・・31kmでディババが脱落;;代わりにペトルワ(ロシア)が先頭集団に追い
つく。キプラカドが遅れ始め、35kmでペトロワをトップとする先頭集団が通過。尾崎は
一時入賞圏内の8位まで40秒と縮むも1分以上に広がった^^;
38kmの下り坂を利用してケイタニー、ジェプトゥー、ゲラナがペースアップ^^ペトロワは
ついていけずに3人に絞られるが、40kmでペトロワが追いつく@@41kmでゲラナが
一気にスパート!ジェプトゥーが追い、ペトロワも食らいつく。ケイタニーがメダル争いから
脱落;;ラストスパートをかけたゲラナが2時間23分07秒で金メダル!高橋尚子が持って
いた五輪記録を更新した。ジェプトゥー、ペトロワと続き、日本人トップは木崎が2時間
27分16秒の16位、尾崎が2時間27分43秒の19位、重友が2時間40分06秒の79位
に終わった。
b0057694_12201866.jpg















男子ハンマー投げ 決勝/室伏広治

予選を2位で通過した室伏広治が2個目の金メダルを狙う^^

室伏は9番手。R.メリッチ(チェコ)の投てきで競技開始され記録は76m73^^6人の
投てきが終わりメリッチが暫定1位。7番手に北京金メダルのP.コズムス(スロベニア)
の投てきは78m97で暫定1位^^その後、優勝候補のC.パルシュ(ハンガリー)が
79m14を投げて暫定1位。そして室伏の1投目、軽く投げて78m前後まで飛ばすも、
ファウルの判定?!判定に納得のいかない室伏は審判に説明を求める^^;
女子100mの表彰式直後の投てきが制限時間の1分間を超えたとしてファウルって@@
全員1投目を投げ終えてパルシュが1位。
O.ソキルスキ(ウクライナ)が78m25を投げ3位浮上。コズムスはハンマーをネットに
当てファウル。ネットにハンマーが引っ掛かり、それを取るのに時間がかかった^^;
パルシュは78m33で記録伸ばせず^^;室伏の2投目は78m16で4位に入る^^依然、
パルシュが1位。コズムスは80m手前まで飛ばすも、ラインを越えてしまいファウル^^;
1位のパルシュは80m59と記録更新^^室伏の3投目は78m71と記録を伸ばし、ソキル
スキを抜いて3位浮上^^4投目以降に進むベスト8が決まる。

ここから8位から投げる。各選手、記録が伸びないなか室伏の4投目は78m09と記録を
更新するもコズムスには届かず^^;コズムスはこの投てきもネットに当てるファウル^^;
パルシュも79m70と伸びないが、依然トップ^^3位の室伏の5投目は77m12^^;
ファウル続きだったコズムスが79m36と記録を伸ばしてきた^^;パルシュは79m28で
依然トップ死守。
最後の投てきとなる第6投がスタート。各選手記録が伸びずに5~8位が確定^^4位の
ソキルスキは76m99で室伏に届かず4位確定。この時点で室伏のメダルが確定^^その
室伏の6投目は76m47と伸びず



銅メダル!



37歳で銅メダルを確定させた室伏広治^^1投目のファウルの判定が不可解で調子が
狂ったのかなぁ・・・。2位のコズムスは78m59でパルシュに届かず銀メダル、最後まで
1位を譲らなかったパルシュが金メダルとなった^^
b0057694_12213542.jpg

























男子100m 準決勝・決勝

まずまずの予選を終えたU.ボルト、Y.ブレーク、A.パウエルのジャマイカ勢、T.ゲイも
順当に準決勝進出を決めた面々^^日本の山県は日本人初の決勝進出なるか?ボルト
の世界記録は?


準決勝
第1組、J.ガトリン(米国)が9秒82で1着、C.マルチナ(オランダ)が自国記録となる
9秒91で2着で決勝進出!A.パウエル(ジャマイカ)が9秒94の3着でタイムで拾われ
るかどうか???
第2組、生きる伝説U.ボルト登場^^終盤流して9秒87@@一昔前は、このタイムが
決勝のタイムだったのに・・・次元が違う^^R.ベイリー(米国)が9秒96で2着。
第3組、山県はT.ゲイ(米国)、Y.ブレーク(ジャマイカ)に挟まれた4レーンを走る^^
ブレークが9秒85で1着、ゲイが9秒90で2着。山県は好スタートを切るも終盤に抜かれ
10秒10の6着^^;
b0057694_12223737.jpg























タイム順でパウエル、R.トンプソン(トリニダード・トバコ)が決勝進出^^山県は決勝には
進めませんでしたが、ブレーク、ゲイら世界のトップランナーに挟まれてのレースは良い
経験ができましたね^^
ボルトが速いと思ってたら、ブレークがトップでしたね。それにしても準決勝なのに速すぎっ^^;
さぁ、世界記録保持者のボルト、絶好調のブレーク、ゲイの逆襲・・・決勝では誰が勝つの
でしょうかね?



決勝
R.トンプソン(トリニダード・トバコ)、元世界記録保持者のA.パウエル(ジャマイカ)、
T.ゲイ(米国)、Y.ブレーク(ジャマイカ)、J.ガトリン(米国)、現世界記録保持者
U.ボルト(ジャマイカ)、R.ベイリー(米国)、C.マルチナ(オランダ)の8人。

ボルトの紹介時には会場から大歓声^^世界陸上の二の舞だけは避けてほしい緊張の
一瞬・・・フライングはなく一発スタート!ゲイが好スタートを切る^^リアクションタイムは
5番目のボルト、最下位のブレーク^^;しかし、出遅れなんて気にしない二人が後半に
グングン追い上げ、ゴール!!!!



9秒63!



ボルトが五輪レコードで五輪連覇!やっぱ強いわ^^ブレークが9秒75で2着と入り、
ジャマイカのワンツーフィニッシュ^^パウエルはスタートは良かったものの、後半に足を
痛めて大きく遅れる;;ガトリンが9秒79とゲイを0秒01上回り3位!
b0057694_12241581.jpg
















スタートが一発勝負なだけになかなか世界記録が生まれにくい中での9秒63は凄いの
ひと言。普通に走ってこのタイムですからね^^;リアクションタイムなんて関係ないです。
もし、がっつりスタートが決まって本気で走ったら・・・ボルトはどのくらいのタイムで走る
のでしょうか?さらに3位までが9秒80を切ってますよ@@これにもビックリです。
b0057694_12244969.jpg
[PR]
by saemon-no-suke | 2012-08-06 23:33 | スポーツ(陸上)


<< 継続中^^ 残り2秒・・・ >>