五輪遠のく・・・;;

b0057694_107994.jpg



2011 世界バレー 女子
[WORLD CHAMPIONSHIP] 第6日


【第3ラウンド[札幌]第6戦】 ×セルビア(世界RK5位)
06の世界選手権で銅メダルを獲得後、躍進を続けるセルビアとの一戦。08年北京
五輪で5位入賞、11年欧州選手権優勝と堂々と強豪国の仲間入り^^前大会では、
3-1と勝ち、今年のWGP予選Rで3-1で勝ち、決勝Rで0-3と、ほぼ互角?!5戦
終了時で2敗している日本は6位と何とか勝って上位陣に喰らいついていきたい所^^
新鍋、岩坂、キム、江畑、荒木、竹下、リベロ佐野がスタメン^^


[第1セット]
サーブで崩していきたい日本。リベロ佐野の連続好レシーブもあり、3-1と幸先の
良いスタート^^しかし、欧州王者も牙をむき始め、高さを活かす攻撃に苦しめられる
展開^^;昨日に続いて、187cmとチームトップの高さを誇る”イチハチナナ”こと岩坂
の速攻やブロックなど一進一退の攻防が続く。リードを許す苦しい展開も、キムの
連続スパイクや荒木のブロックなどで喰らいつくも、ラシッチの変幻自在のサーブに
連続失点を許し、セルビアが抜け出す。江畑に代わって入った石田のスパイクで
追い上げたが、22-25でセットを落とす;;
b0057694_10212421.jpg

















[第2セット]
日本は江畑に代えて石田、新鍋に代えて山口を投入。その石田のスパイクや、山口
のブロード、コンビネーションなどで得点を重ね、流れを引き寄せつけたかに見えたが、
ビエリカが次々と得点を重ね、5-12・・・1セット同様にセンター攻撃が止められず^^;
止めれない攻めれないで調子が上がらない荒木に代えてベテランの森和代を投入^^
直後に移動攻撃で得点するも、点差縮まらず^^;終盤、石田のブロックで追い上げた
が、20-25と連続でセットを落とす;;
b0057694_1026593.jpg















[第3セット]
後がなくなった日本は江畑を戻し、森和代、山口をスタートから起用。開始から一進
一退の攻防でサイドアウトの応酬のなか岩坂がビエリカを止めたぁー!8-7と、この
試合初めて日本がリードしてのテクカルタイムアウトを迎える^^ようやく流れを掴んだ
日本は、その後も岩坂のサービスエースやキムのバックアタックなどで突き放しに
かかるも、そうはさせじと欧州王者。得意のセンター攻撃、ブロックなどで逆転すると
そのまま押し切られ、21-25のストレート負け;;
b0057694_1021447.jpg















痛恨の敗戦により3敗目を喫し、五輪出場枠獲得が、だいぶ遠のきましたね。あぅ^^;
こうセンター攻撃をことごとく決められると辛い^^;1本でも止められれば、使いづらく
なるんだろうけど・・・井上のブロック、山本の高速移動攻撃が必要になってきますね。
早く戻ってこ~い^^岩坂は調子いいけど荒木がなぁ・・・;;
キムは徐々に調子を上げてきた感じかな^^とにもかくにも今やキムありきのチーム
になりましたからね。ここにエヴァたちが世界に通用してくれば、楽にもなりますしね^^
この日もキムが、スパイク13点、ブロック1点でチームトップの13得点!

1位 イタリア(6勝0敗)17点、2位 アメリカ(5勝1敗)15点、
3位 ドイツ(5勝1敗)14点、4位 ブラジル(5勝1敗)13点、
5位 中国(4勝2敗)13点、6位セルビア(3勝3敗)11点、7位 日本(3勝3敗)10点。
[PR]
by saemon-no-suke | 2011-11-12 22:06 | スポーツ(バレーボール)


<< エヴァ! 187・・・ >>