完全優勝^^

ダークホース校東洋大学が往路優勝を果たし、迎えた復路。大逆転はあるのか?!
<6区>
11秒差でスタートの早大の加藤が、東洋大の富永を早々と捉え、一気に抜き去り
差を広げるが、6km付近から左脇腹痛が出始め一気にペースダウン^^;東洋大は、
一気に差を詰めて首位に^^早大の加藤は腹を叩きながらの激走で、首位を奪い
返す@@しかし、東洋大も負けじと抜き返し、激しい攻防に。
抜きつ抜かれつの5度の首位交代は、見ていて面白かったですね^^意地で最後に
ラストスパートをかけた早大の加藤が首位通過、18秒差の2位に東洋大。
中央学院大と日体大が3位争い、山梨学院大、大東大、明大、帝京大が5位争い^^
駒澤大は15位に転落^^;
b0057694_20171724.jpg


















<7区>
早大1年生の八木と東洋大の飛坂の差は、つかず離れずな感じ^^;終盤ペースが
落ちるも早大がなんとか首位をキープ^^一時は30秒弱離れたものの、12秒差の
2位に東洋大。
トップと3分30秒ほど遅れて日体大、中央学院大が3位争い、4分30秒ほど遅れて
山梨学院大、明大が5位争い、5分30秒遅れて大東大、帝京大が7位争いと各校
バラけた展開。関東学連選抜がシード圏内の9位に浮上!駒澤大は14位に浮上^^

<8区>
早大の中島と東洋大の千葉の差が少しずつ詰まり、8Km手前で早大を捉えると、
その後は併走、16km過ぎにスパートをかけた東洋大が差を広げる^^そのまま
リードを広げ、東洋大が首位に浮上^^早大は襷を受け取った時には、12秒差を
つけていたが、逆にトップと45秒差の2位に転落^^;
3分54秒差の3位に日体大。以下、明大、中央学院大、大東大、東農大と続き、
中大、帝京大、日大、国士舘大、山梨学院大、関東学連選抜が熾烈なシード権
争い^^;城西大の石田が19.8km過ぎに途中棄権;;駒澤大は14位と変わらず^^;

<9区>
東洋大の1年生大津は、権太坂で早大の朝日の猛追で9秒差まで縮められるも、
その後横浜駅前で30秒差、生麦では1分08秒と徐々にリードを広げ、初の総合
優勝へ向け最終区に襷リレー^^
一時は@一歩の所まで詰めたものの、1分26秒差の2位で早大。日体大が5分
13秒差で3位キープ。以下、中央学院大、大東大と続き、山梨学院大、日大が
熾烈なシード権争い^^;駒澤大は13位に浮上し、シード圏内の10位と2分差^^;

<10区>
1年生アンカーの東洋大の高見は、早大の三戸にジワジワ追い上げられ、リード
が1分差を切るも、粘走で11時間9分14秒で東洋大学が67回目の挑戦で初の
総合優勝に輝いた^^さらに!
b0057694_20251653.jpg





完全制覇!












三戸の快走で大逆転?!もあったが、41秒差の2位には早大、3位に日体大。
大東大が復活の4位で6年ぶりのシード権を獲得^^最近メキメキと実力をつけて
きた中央学院大が5位、モグスのリードを保てず6位に終わった山梨学院大、
ダニエルの20人抜きも熾烈なシード権争いを演じ、最終区なんとか7位の日大、
明大が8位で43年ぶりにシード権獲得、21Km付近で東農大を抜いて、9位に
学連選抜、中央大もなんとか10位に入り、シード権を獲得^^
駒澤大が最後に意地を見せたがシード圏内には届かず13位に終わり、来年は
予選会からの参加となった^^;
金栗四三杯(MVP)は、5区で区間新記録を達成した「新・山の神」東洋大の
スーパールーキー柏原が受賞した^^




花の2区でのモグス、ダニエルのごぼう抜き対決も見ごたえあったし、新・山の神
が降臨、6区山下りでの抜きつ抜かれつの首位争いは、ホント面白かったですね^^
1、2年生が多い東洋大の黄金時代到来ですかね。まぁ、悪くても向こう2年は
上位争いするでしょうけど・・・^^
予選会から参加の日体大、大東大、明大の古豪活躍が目立ち、これには全くの
予想外^^;
駒澤大は、復路に優勝経験者を4人登録していたが、前半の遅れが最後まで
響いた感じ^^;13年ぶりのシード落ちに;;初出場の上武大は21位、33年ぶりの
青学大は22位。
[PR]
by saemon-no-suke | 2009-01-05 20:08 | スポーツ(陸上)


<< ドロンジョ^^ 降臨! >>